藤原為忠(読み)ふじわらの ためただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為忠 ふじわらの-ためただ

?-1136 平安時代後期の官吏,歌人。
白河・鳥羽(とば)院の近臣三河,丹後などの国司となり,ゆたかな財力で院の殿舎を造進した。藤原顕季(あきすえ)の歌合わせなどで活躍し,2度にわたって「為忠家百首」を主催。常磐三寂(ときわのさんじゃく)とよばれた藤原為業(ためなり)(寂念)・為経(ためつね)(寂超)・頼業(よりなり)(寂然)の父。保延(ほうえん)2年40歳余で死去

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android