コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和六県 やまとのむつのあがた

大辞林 第三版の解説

やまとのむつのあがた【大和六県】

大化前代、大和に設定された六つの県の総称。高市たけち・葛木かずらき・十市とおち・志貴しき・山辺やまべ・曽布そふの各県をいう。大和政権の大王に隷属する家産的地域共同体としての性格が濃く、律令制成立後も蔬菜そさいなどを納める供御領地として遺制をとどめた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大和六県
やまとのむつのあがた

大化前代から大和国(奈良県)に散在した天皇の直轄地の総称。『延喜式(えんぎしき)』祈年祭(としごいのまつり)の祝詞(のりと)によれば、高市(たけち)、葛木(かずらき)、十市(とおち)、志貴(しき)、山辺(やまのべ)、曽布(そう)の六県。624年(推古天皇32)大臣(おおおみ)蘇我馬子(そがのうまこ)は葛城県を請求したが、推古(すいこ)女帝がこれを聞き入れなかったこと、645年(大化1)改新政治の手始めに東国に国司を遣わすと同時に、大和の六県にも使者を派遣して戸籍をつくり田畝(でんぽ)を調べさせていること、などから考えれば、六県に対する天皇の関心や意識は強烈であった。六県は大和盆地の山寄り一帯に分布していたとみられるが、すべてをあわせてもそれほど広大なものではなく、天皇の菜園として宗教的意義を担うものであったと思われる。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大和六県の関連キーワード県(あがた)大化前代大和政権官田遺制大王十市六つ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android