大国師(読み)だいこくし

大辞林 第三版の解説

だいこくし【大国師】

平安時代、大国・上国の国分寺に配した上位の僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐こくし【大国師】

〘名〙 平安時代、延暦二年(七八三)大国・上国の国分寺に置いた住僧。国分寺の国師の員数が増加したため、大国師・少国師に分けたもの。寺院の事務を管理し、部内の教化をつかさどった。
霊異記(810‐824)下「大安寺の戒明大徳の、彼の竺紫の国の大国師に任(ま)けられし時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大国師の言及

【国師】より

…中央より派遣されて,国司とともに管内の僧尼・寺院の監督など宗教行政をつかさどった。奈良時代の後半には大国師,少国師に分かれ,員数が漸増したが,795年(延暦14)講師(こうじ)と改称された。(2)国家の師表たる高僧に与えられる称号。…

※「大国師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android