員数(読み)インズ

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐じゅ ヰン‥【員数】

※米沢本沙石集(1283)七「(いそぎ)員数(インジュ)の如く沙汰して」
源平盛衰記(14C前)一九「本意をとげ給ふべき員(インジュ)なり」
※運歩色葉(1548)「員数 インシュ」

いん‐ず ヰン‥【員数】

〘名〙 (「す」は「数」の慣用音) =いんずう(員数)
※歌舞伎・独道中五十三駅(1827)三幕「ヤ、こりゃコレ、金の入ったる財布。どうして爰(ここ)には。員数(ヰンズ)もたしか三十両」

いん‐ずう ヰン‥【員数】

〘名〙 (「いんすう」とも。「員」も「数」もかずの意) 人や物のかず。特に、一定の枠内の数量や人数。いんず。いんじゅ。
※令義解(833)職員「職員令第二〈謂。〈略〉員者。員数也。官省寮司等。各有員数也。〈略〉〉」
※政談(1727頃)二「唯今金の員数元祿金・乾金の時分の半分になり」
※和英語林集成(再版)(1872)「Insū(インスウ) ナニホド」 〔後漢書‐宦者伝〕
[語誌](1)中国古典語の「員数(=人数)」と「員外(=定員外の官)」の「員」の意には違いがある。員数の「員」は、「かず」の意だが、員外の「員」は「一定枠のかず」の意味合いを持つ。日本で、「員数」の「員」に一定枠のかずの意味合いが顕著になるのは、幕末明治初期と考えられる。
(2)「一定枠のかず」という意味の「員数」は、明治二〇年代に入り一般的にはあまり用いられなくなるが、それは、同義の「定員」という新語が代わって使われるようになったからと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

員数の関連情報