コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地抵抗率 ダイチテイコウリツ

デジタル大辞泉の解説

だいち‐ていこうりつ〔‐テイカウリツ〕【大地抵抗率】

大地がもつ抵抗率。その地質の電気的な性質を示す尺度の一つであり、接地抵抗を求める上で必要となる。単位はオームメートル(Ω・m)。一般に、粘土質砂礫玉石岩盤の順に大地抵抗率は高くなるが、含水率粒径などによって大きく変わる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android