コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接地抵抗 セッチテイコウ

デジタル大辞泉の解説

せっち‐ていこう〔‐テイカウ〕【接地抵抗】

大地に埋設したアース電極と大地との間の電気抵抗。大地の地質や含水量、電極の形状などに依存する。漏電による電流を速やかに大地に流すためには、この抵抗を低くする必要がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

接地抵抗の関連キーワードコールラウシュ・ブリッジブリッジ回路大地抵抗率避雷針

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android