大坪砂男(読み)おおつぼ すなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大坪砂男 おおつぼ-すなお

1904-1965 昭和時代後期の小説家。
明治37年2月1日生まれ。和田維四郎(つなしろう)の子。警視庁鑑識課につとめたのち,昭和23年佐藤春夫の推薦で「天狗(てんぐ)」などを発表。25年「私刑(リンチ)」で探偵作家クラブ賞。34年以降筆をたった。昭和40年1月12日死去。60歳。東京出身。東京薬専(現東京薬大)卒。本名は和田六郎。名は沙男ともかく。作品はほかに「涅槃(ねはん)雪」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android