コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大会社 だいがいしゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大会社

規模株式会社を指す表現。商法および1974年に制定された「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」により、株式会社は、その規模によって「大会社」「中会社」「小会社」に分類された。大会社とは、資本金5億円以上または負債総額200億円以上の株式会社のことを指す。規模に応じて監査役人数や開示すべき計算書類(貸借対照表損益計算書、営業報告書等)の内容や決算事務のほか、3人以上の監査役を置く(うち半数以上は社外監査役でなくてはならない)など、一般的に規模が大きくなるほど規定は厳しくなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【大会社】

規模の大きな会社。
会社法で定義される株式会社の種類。最終事業年度の貸借対照表で、資本金として計上した額が5億円以上、または負債の部に計上した額の合計額が200億円以上のいずれかに該当する株式会社をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大会社【だいがいしゃ】

株式会社のうち,資本の額が5億円以上または負債総額が200億円以上の会社をいう。商法特例法で導入され,2005年の会社法(2条)で再定義されたが,大会社については会計監査人の選任が義務づけられるなど,従来の株式会社よりも厳格な監査体制が要求される。
→関連項目委員会設置会社公認会計士社外監査役内部統制システム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だいがいしゃ【大会社】

規模の大きい会社。会社法で資本額または負債総額の基準が規定されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大会社の関連キーワードコミットメント・ライン契約ラーフェンスブルク会社フランス植民地協会独立プロダクション監査役会設置会社委員会等設置会社ビッグ・ビジネス公告・中小会社重要財産委員会特定融資枠契約ランズクローナ執行役員制度トンネル会社シャンゼリゼミュンヘンメスキート特別取締役強制監査決算公告粉飾決算

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大会社の関連情報