大威儀師(読み)だいいぎし

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐いぎし ‥ヰギシ【大威儀師】

〘名〙 (「威儀師」は、法会のとき諸僧を指導して威儀を整える役の僧) 仏語。上格の威儀師。貞観元年(八五九)四月二七日、薬師寺の正儀および興福寺の延寿にこの職を授けたのを初めとする。
※三代格‐三・天安三年(859)四月二七日「伝燈大法師位正儀〈年六十、臈一〉薬師寺。伝燈大師位延寿〈年二、臈廿〉興福寺。右被右大臣宣偁、奉勅、件等僧、宜大威儀師

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android