コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菩提流支 ぼだいるし Bodhiruci

3件 の用語解説(菩提流支の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菩提流支
ぼだいるし
Bodhiruci

インドの僧。永平1 (508) 年中国の洛陽に来て永寧寺で訳経に従事した。地論宗の祖とされ,浄土教においても尊崇されている。翻訳した経論は 39部 127巻といわれ,代表的なものには,『十地経論』『入楞伽経』『金剛般若経』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼだいるし【菩提流支】

?‐727?
インド出身の僧。Bodhiruciの音訳。508年(永平1),北魏の都洛陽に来り,永寧寺に住し,700人の僧を率いて訳経事業を推進した。訳経の元匠と称せられるゆえんである。以後,東魏期にかけての約30年間に,39部127巻もの経論を訳出した。彼以前の中国仏教界は,クマーラジーバ(鳩摩羅什)によって訳出された竜樹系の大乗仏教に立脚するものであったが,彼の訳出した経論は竜樹以後の無着(むぢやく),世親らによって発展させられたインドの新しい大乗仏教の系譜上にあるもので,より精緻な教理展開をもつものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菩提流支
ぼだいるし

生没年不詳。6世紀、北インド出身の翻訳僧。サンスクリット名ボディルチBodhiruci。また道希(どうき)、覚愛(かくあい)ともいう。508年(永平1)洛陽(らくよう)にきて、永寧(えいねい)寺に住して翻訳に従事、『十地経論(じゅうじきょうろん)』『入楞伽経(にゅうりょうがきょう)』『金剛般若経(こんごうはんにゃきょう)』『無量寿経論(むりょうじゅきょうろん)』など39部127巻を訳出した。また曇無最(どんむさい)の『大乗義章』を胡語(こご)に転訳して西域(せいいき)に送った。後世、地論(じろん)宗の祖とされ、また曇鸞(どんらん)に『観無量寿経』を授け、世親(せしん)の『無量寿経論』を伝訳したため、浄土教の一祖と仰がれた。達磨(だるま)とほぼ同時代の僧で、流支は彼を憎み、弟子の光統(こうとう)律師とともに、毒殺を企てたという伝説もある。[丘山 新]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の菩提流支の言及

【大無量寿経】より

…サンスクリット原典,チベット語訳,および5種の漢訳が現存する。漢訳は支婁迦讖(しるかせん)訳(漢訳),支謙訳(呉訳),康僧鎧(こうそうがい)訳(魏訳),菩提流支(ぼだいるし)訳(唐訳),法賢訳(宋訳)であるが,前3訳に関しては訳者に疑問がもたれている。一般に用いられるのは魏訳である。…

※「菩提流支」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菩提流支の関連キーワードターラアイオナ修道院アイオナ島仏駄跋陀羅チャンドラセカール限界インドの舞姫9 To 5(モーニング・トレイン)GAPI北イングランド高地《北インドのカースト制度》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone