コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大尻沼 おおじりぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大尻沼
おおじりぬま

群馬県北東部,白根山 (日光白根) の北麓にある沼。白根山による堰止湖で,菅沼,丸沼の下流に続く。湖面標高 1400m。周囲約 2km。面積約 0.45km2。湖盆は東西2つの部分から成り,瓢箪 (ひょうたん) 沼ともいう。最深部は西部の 26.8mで,東部の湖底から温泉が湧出し,結氷期間は短い。東の丸沼からの水を受け,南西端から大尻川となって流出する。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大尻沼の言及

【丸沼】より

…標高が高いので,真夏でも気温が25℃を超えることはなく,避暑やキャンプによい。湖水は南西岸から標高1400mの大尻沼に落ちる。湖は貧栄養型から富栄養型へと変化がみられ,ヒメマスの養殖が行われている。…

※「大尻沼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大尻沼の関連キーワード片品川大尻川湖底

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android