コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸沼 まるぬま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸沼
まるぬま

群馬県北東部,片品村白根山 (日光白根) 北麓にある湖。湖面標高 1428m。面積 0.45km2。周囲 3.5km。最大水深 47m。白根山の溶岩による堰止湖で,周囲は原生林に囲まれ,湖水は緑色を呈する。東方に菅沼,西方に大尻沼が続く。北岸に丸沼温泉がある。金精道路の開通以後,観光客や避暑客が多くなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まるぬま【丸沼】

群馬県北東部,白根山北西麓にある堰止湖。利根郡片品村に属する。1930年ダムが建設される前は長径0.6kmの楕円形の小湖で,標高1403m,最深部19mであったが,現在は南北約1.2km,東西約0.5km,面積0.45km2のほぼ長方形をなしている。標高が高いので,真夏でも気温が25℃を超えることはなく,避暑やキャンプによい。湖水は南西岸から標高1400mの大尻沼に落ちる。湖は貧栄養型から富栄養型へと変化がみられ,ヒメマスの養殖が行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕丸沼(まるぬま)


群馬県北東部、白根(しらね)山の北西に位置する堰止湖(せきとめこ)。面積45ha。東岸に発電所があり、東側の菅(すが)沼の水が人工水路で導水される。周囲は原生林におおわれ、ペンション村・丸沼高原スキー場がある。北岸に丸沼温泉がわく。日光(にっこう)国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸沼
まるぬま

群馬県北東部、利根(とね)郡片品(かたしな)村にある湖。日光白根(しらね)火山の溶岩による堰止(せきとめ)湖で、湖面の標高1428メートル、最高深度50メートル、周囲2.2キロメートルの楕円(だえん)形を示している。湖水は緑色を呈し、シラカバやブナの原生林に包まれて神秘的である。北岸に丸沼温泉、東岸に一ノ瀬発電所があり、ニジマスを養殖する。東の菅(すげ)沼、西の大尻(おおじり)沼とともに日光国立公園に含まれる。大尻沼との間に丸沼ダムが設置されている。このダムはバットレス式ダムとして日本最大規模で、丸沼堰堤として国の重要文化財に指定されている。南岸を金精(こんせい)道路(国道120号)が走る。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

丸沼の関連キーワード群馬県利根郡片品村東小川丸沼高原スキー場菅沼(すげぬま)白根山(日光)奥鬼怒温泉郷日光国立公園沼田(市)日光火山群群馬(県)片品(村)老神温泉発電所奥日光片品川東岸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸沼の関連情報