コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸沼 まるぬま

5件 の用語解説(丸沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸沼
まるぬま

群馬県北東部,片品村の白根山 (日光白根) 北麓にある湖。湖面標高 1428m。面積 0.45km2。周囲 3.5km。最大水深 47m。白根山の溶岩による堰止湖で,周囲は原生林に囲まれ,湖水は緑色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まる‐ぬま【丸沼】

群馬県北東部、日光白根山北麓にあるせき止め湖。大滝川上流部がせき止められてできた。上方に菅(すげ)沼、下方に丸沼が位置する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まるぬま【丸沼】

群馬県北東部,白根山北西麓にある堰止湖。利根郡片品村に属する。1930年ダムが建設される前は長径0.6kmの楕円形の小湖で,標高1403m,最深部19mであったが,現在は南北約1.2km,東西約0.5km,面積0.45km2のほぼ長方形をなしている。標高が高いので,真夏でも気温が25℃を超えることはなく,避暑やキャンプによい。湖水は南西岸から標高1400mの大尻沼に落ちる。湖は貧栄養型から富栄養型へと変化がみられ,ヒメマスの養殖が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕丸沼(まるぬま)


群馬県北東部、白根(しらね)山の北西に位置する堰止湖(せきとめこ)。面積45ha。東岸に発電所があり、東側の菅(すが)沼の水が人工水路で導水される。周囲は原生林におおわれ、ペンション村・丸沼高原スキー場がある。北岸に丸沼温泉がわく。日光(にっこう)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸沼
まるぬま

群馬県北東部、利根(とね)郡片品(かたしな)村にある湖。日光白根(しらね)火山の溶岩による堰止(せきとめ)湖で、湖面の標高1428メートル、最高深度50メートル、周囲2.2キロメートルの楕円(だえん)形を示している。湖水は緑色を呈し、シラカバやブナの原生林に包まれて神秘的である。北岸に丸沼温泉、東岸に一ノ瀬発電所があり、ニジマスを養殖する。東の菅(すげ)沼、西の大尻(おおじり)沼とともに日光国立公園に含まれる。大尻沼との間に丸沼ダムが設置されている。このダムはバットレス式ダムとして日本最大規模で、丸沼堰堤として国の重要文化財に指定されている。南岸を金精(こんせい)道路(国道120号)が走る。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸沼の関連キーワード草津白根菅沼日光白根斑尾山群馬県北群馬郡吉岡町大久保群馬県北群馬郡吉岡町北下利根〈村〉群馬県北群馬郡榛東村長岡群馬県利根郡片品村東小川奥白根

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸沼の関連情報