大属(読み)だいぞく

精選版 日本国語大辞典「大属」の解説

だい‐ぞく【大属】

〘名〙
① 令制で、職・坊・寮の主典(さかん)が複数の場合、その上位者の官名。大主典(だいさかん)。〔運歩色葉(1548)〕
② 明治二年(一八六九)制定の官制で、職・坊・寮および府県に置かれた官名。判任官・正・権の区別がある。
※明治職官沿革表(1886‐94)一「寮〈略〉大属 権大属」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android