主典(読み)さかん

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐かん ‥クヮン【主典】

〘名〙
① (「佐官」の字音) 令制四等官の最下位。上に長官(かみ)、次官(すけ)、判官(じょう)がある。文案を草し、公文書の抄録・読申をつかさどる。官司によって字が異なる。そうかん。しゅてん。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
② 明治新政府が明治二年(一八六九)七月から同八年一一月にわたって設置した官職。官によって字が異なる。また、官によって大・中・少・正・権がある。明治四年八月から同一三年一二月の間に廃止された。

そう‐かん サウクヮン【主典】

〘名〙 令制で四等官の最下位。さかん。
※書紀(720)天武一四年九月(北野本南北朝期訓)「各判官一人、史(サウクヮン)一人国司郡司及百姓の消息(あるかたち)を巡察さしめたまふ」
※古今(905‐914)仮名序「さきのかひのさう官おほしかふちのみつね」

しゅ‐てん【主典】

〘名〙
① 大宝令で定められた四等官の最下位。さかん。〔いろは字(1559)〕
② 明治四年(一八七一)太政官布告で定められた神宮以下諸社の職員の一つ。官幣社、国幣社で祭儀や庶務に従事した判任官待遇の神職。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さ‐かん〔‐クワン〕【主典】

《佐(たすけ)る官の意の「佐官」の字音から》律令制で、四等官(しとうかん)の最下位の官。記録・文書を起草したり、公文の読み役を務めたりした。「録」「目」など官により用字が異なる。しゅてん。→四等官

しゅ‐てん【主典】

さかん(主典)
官幣社国幣社で、禰宜(ねぎ)の下にあって、祭儀庶務を執行した判任官待遇の神職

そう‐かん〔サウクワン〕【主典】

さかん(主典)」に同じ。
「さきの甲斐の―」〈古今・仮名序〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の主典の言及

【四等官】より

…律令官制においては,各官司の主要な職員は,長官(かみ),次官(すけ),判官(じょう),主典(さかん)の4等級に分かれて職務を分掌した。これを四等官,四分(部)官という。…

※「主典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android