コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主典 さかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主典
さかん

令制官職の四等官のうち最下等の官。太政官神祇官では,省は録,寮は属,司は令史国司の文字を用いるが,「さかん」と読む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さ‐かん〔‐クワン〕【主典】

《佐(たすけ)る官の意の「佐官」の字音から》律令制で、四等官(しとうかん)の最下位の官。記録・文書を起草したり、公文の読み役を務めたりした。「録」「目」など官司により用字が異なる。しゅてん。→四等官

しゅ‐てん【主典】

さかん(主典)
官幣社国幣社で、禰宜(ねぎ)の下にあって、祭儀庶務を執行した判任官待遇の神職

そう‐かん〔サウクワン〕【主典】

さかん(主典)」に同じ。
「さきの甲斐の―」〈古今仮名序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかん【主典】

〔「佐官」の字音〕
律令制四等官の最下位の官職の総称。官事の記録、文案の検討、その他公文をつかさどった。官司によって表記が異なる。 → 四等官

しゅてん【主典】

さかん(主典) 」に同じ。
もと、官幣社・国幣社で、禰宜ねぎの下で祭儀・庶務を担当した神職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の主典の言及

【四等官】より

…律令官制においては,各官司の主要な職員は,長官(かみ),次官(すけ),判官(じょう),主典(さかん)の4等級に分かれて職務を分掌した。これを四等官,四分(部)官という。…

※「主典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主典の関連キーワード右近衛将曹左近衛将曹造東大寺司大中臣国弘中尾五百樹刑部武並磐余諸君大蔵春実四つの船井坂徳辰阿刀酒主正親司鎮西府上馬養刀禰録事官人禰宜史生八史

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android