コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山のぶ代 おおやま のぶよ

3件 の用語解説(大山のぶ代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山のぶ代 おおやま-のぶよ

1936- 昭和後期-平成時代の女優,声優。
昭和11年10月16日生まれ。昭和32年俳優座養成所をでて,テレビ界にはいる。NHKの「ブーフーウー」で声優としてみとめられ,54年テレビアニメドラえもん」の主人公役で人気声優となる。料理番組などでも活躍。東京出身。三田高卒。本名は山下羨代(のぶよ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

大山 のぶ代


芸名
大山 のぶ代

性別
女性

生年月日
1936/10/16

星座
てんびん座

干支
子年

血液型
O

出身地
東京都

身長
162cm

体重
60kg

デビュー年
1956

職種
タレント・俳優・女優/話す仕事/文化人

好きなスポーツ
ゴルフ/水泳

趣味・特技
麻雀/ゴルフ

プロフィール
1957年、劇団俳優座養成所6期卒業。在学中にNHK『この瞳』でデビュー。アニメ『ドラえもん』のドラえもん役の声で一躍有名に。1979年から2005年まで26年間務めた。また、『名犬ラッシー』『ブーフーウー』『ハリスの旋風(かぜ)』など数多くのアニメ作品に声優として出演。番組出演では、『嫁と姑の面白クッキング』『ためしてガッテン』『おもいっきりテレビ』など。また、料理研究家としても有名で多数の著書を出版。他に音響技術専門学校の校長も務める等、多方面で活躍。

デビュー作
NHK「この瞳」

代表作品
テレビ『ドラえもん』アテレコ / テレビ『ごきげんよう』 / 本『大山のぶ代の毎日おかず

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

大山のぶ代

日本の女優、声優、料理研究家。1936年10月16日、東京都生まれ。東京都立三田高等学校在学中に俳優座養成所に入る(第6期生)。56年、テレビドラマ「この瞳」(NHK)で女優デビュー。米国のテレビドラマ「名犬ラッシー」の吹き替えをきっかけとして声優を始め、69年にアニメ「サザエさん」(フジテレビ系列)で初代カツオ役を担当した。アニメ「ドラえもん」(テレビ朝日系列)のドラえもん役は、79年から2005年まで26年にわたり担当した。料理研究家としても知られ、『大山のぶ代のおもしろ酒肴-アッとおどろく美味珍味』(主婦の友社、1981年)はベストセラーとなった。2008年に脳梗塞を患い、15年5月には認知症を患っていることが明かされた。

(2015-5-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山のぶ代の関連キーワード山形県鶴岡市大山大山〈町〉愛知県小牧市大山大山田〈村〉大分県日田市大山町西大山大分県日田市大山町東大山織田信富彭城宣義秦信慶村山信義

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大山のぶ代の関連情報