大岡雲峰(読み)おおおか うんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岡雲峰 おおおか-うんぽう

1765-1848 江戸時代後期の画家。
明和2年生まれ。旗本。高芙蓉(こう-ふよう),谷文晁らに画をまなぶ。山水・花鳥画を得意とした。おおくの弟子をもち,初代歌川広重もまなんだとつたえられる。四谷南蘋(なんびん)とよばれた。嘉永(かえい)元年死去。84歳。江戸出身。名は成寛。字(あざな)は公栗。通称は次兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android