コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川四郎左衛門 おおかわ しろうざえもん

2件 の用語解説(大川四郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大川四郎左衛門 おおかわ-しろうざえもん

1724-1813 江戸時代中期の漁業家。
享保(きょうほう)9年生まれ。伊豆(いず)長浜村(静岡県沼津市内浦長浜)の代々つづいた津元(網元)兼名主で,12代四郎左衛門を襲名。内浦の鮪(まぐろ)や鰹(かつお)を江戸におくった。大川家につたわる古文書は「豆州内浦漁民史料」としてまとめられている。文化10年6月21日死去。90歳。名は尭徳。屋号は大屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大川四郎左衛門

没年:文化10.6.21(1813.7.18)
生年:享保9(1724)
江戸中期,伊豆国(静岡県)君沢郡内浦で鮪・鰹建網漁を経営した長浜村の漁業家,土豪的名主。幼名は要助,名は尭徳。12代目四郎左衛門を襲名。屋号大屋。網度(漁場・漁業権)の一津元として多くの下男下女を抱え,網組に所属する網子を支配し,鰹,鮪を江戸に売り捌いた。息子の小文次は下田の幕府薬園役所樟木御林守も務めた。当家古文書は昭和16(1941)年,渋沢敬三によって『豆州内浦漁民史料』として刊行された。<参考文献>日本常民文化研究所『豆州内浦漁民史料』全3巻,『国立史料館所蔵史料目録』(22集)解説

(田島佳也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大川四郎左衛門の関連キーワード伊豆山神社君沢形富士箱根伊豆国立公園三島伊豆の国竹村茂枝竹村茂正富田常次郎萩原正平箕田凌頂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone