大帷子(読み)オオカタビラ

デジタル大辞泉の解説

おお‐かたびら〔おほ‐〕【大帷子】

装束の下に着る麻布製の単(ひとえ)の衣。暑中の汗取りとして用いた。
糊(のり)を強くした白布で仕立て、武家の正装である直垂(ひたたれ)の下に重ねて着たもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおかたびら【大帷子】

汗取りの衣。単ひとえより小さい。もとは夏だけ用いたが、のちには四季を通じて用いた。色は夏と秋は紅、冬と春は白、老人は香染めを用いた。
武家が直垂ひたたれの下に着用した衣類。糊をこわくつけた白布で仕立てた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐かたびら おほ‥【大帷子】

〘名〙
装束の下に着る布製の衣。単衣(ひとえ)より小さく短い。もと汗取りとして夏だけ用いたが、後世は春冬は白、夏秋は紅、老人は香染を用いた。また、単衣・下襲の襟(えり)をつけ、袖に単衣の袖だけつけて用いることがある。〔三条家装束抄(1200頃か)〕
② 武家で糊をこわくつけた白布で仕立て、単衣の直垂(ひたたれ)の下に重ねて着たもの。〔御評定着座次第(1403‐08頃か)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大帷子の言及

【帷子】より

…装束の帷子は,はじめ装束の下に肌身につけた汗取(あせとり)から起こり,夏季に袷衵(あわせあこめ)をはぶいて単襲(ひとえがさね)を着て,下に麻の帷子を着用した。のちには赤帷子に衵や単の袖をつけて用いたり,さらに大帷子といって夏冬を通じて紅の帷子の袖と襟に,単と下襲(したがさね)の裂をつけて小袖の上に用いるようになった。武家では直垂(ひたたれ)着用のときに,のりを強くした白の帷子を重ねるのを正式とした。…

※「大帷子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android