大庾嶺(読み)タイユレイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大庾嶺
だいゆれい / ターユイリン

中国南東部、江西省と広東(カントン)省の省境にある山脈。南嶺(なんれい)(山脈)の最東部に位置する。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいゆ‐れい【大庾嶺】

(「たいゆうれい」とも) 中国南東部、江西・湖南、広東・広西の省境を走る南嶺山脈東端の山。五嶺の一つ。古くから華中と華南を結ぶ要路として知られた。唐代、張九齢が新道を開いて梅を植えて梅嶺と名づけ、名所となった。大庾。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大庾嶺の言及

【広東[省]】より

…後,嶺南東道が分置された。この時期に大庾嶺越えの陸路とベトナムへ至る水路が開設された。五代十国時代には南漢国が建てられた。…

※「大庾嶺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報