大明頭巾(読み)ダイミンズキン

大辞林 第三版の解説

たいみんずきん【大明頭巾】

紫縮緬ちりめんの袖頭巾。宝暦年間(1751~1764)大坂から江戸へ来た女形役者の中村富十郎が用いたことから流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいみん‐ずきん ‥ヅキン【大明頭巾】

〘名〙 宝暦年間(一七五一‐六四)、大坂の女形俳優中村富十郎が江戸へ来たとき、寒風を防ぐために作ったという頭巾。後に「おこそ頭巾」と呼ばれ、初期には男も用いた。〔随筆・筠庭雑考(1843)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android