防寒(読み)ボウカン

  • ぼうかん バウ‥
  • ぼうかん〔バウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寒さを防ぐこと。
※朝野新聞‐明治一〇年(1877)一〇月一八日「此は防寒必用の器にして」 〔庾信‐謝趙王賚乾魚啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の防寒の言及

【室内気候】より

…下着とワイシャツに背広を着た状態を基準として,これを1Cloといい,これは0.155W/(m2・K)の熱抵抗に相当する。裸体では0Clo,半袖とショートパンツでは0.5Clo,背広に毛の外套(がいとう)を着て防寒靴に毛の帽子を着けた厳寒着衣は3Cloとなる。 作業強度は人体の発熱量で表す。…

※「防寒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防寒の関連情報