コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大曾根辰保 おおそね たつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大曾根辰保 おおそね-たつお

1904-1963 昭和時代の映画監督。
明治37年7月15日生まれ。松竹京都撮影所にはいり,昭和9年の「石井常右衛門」が監督第1作。以後,長谷川一夫,高田浩吉らとくみ「遊侠(ゆうきょう)の群れ」「花の生涯」などおおくの時代劇を手がけた。昭和38年10月22日死去。59歳。千葉県出身。横浜高商中退。本名は辰男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大曾根辰保の関連キーワード鶴八鶴次郎新書太閤記昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android