コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大有理有 だいゆう りゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大有理有 だいゆう-りゆう

?-? 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。近江(おうみ)(滋賀県)青蓮寺出家,京都東福寺,鎌倉寿福寺で修行。但馬(たじま)(兵庫県)大明寺の月庵宗光(げつあん-そうこう)の法をつぎ,はじめ円通寺,のち大明寺の住持となる。また山城(京都府)に大智寺をひらいた。俗姓は金。諡号(しごう)は大観禅師。

大有理有 だいう-りう

だいゆう-りゆう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大有理有の関連キーワード室町時代南北朝理有臨済

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android