大有理有(読み)だいゆう りゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大有理有 だいゆう-りゆう

?-? 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。近江(おうみ)(滋賀県)青蓮寺出家,京都東福寺,鎌倉寿福寺で修行。但馬(たじま)(兵庫県)大明寺の月庵宗光(げつあん-そうこう)の法をつぎ,はじめ円通寺,のち大明寺の住持となる。また山城(京都府)に大智寺をひらいた。俗姓は金。諡号(しごう)は大観禅師。

大有理有 だいう-りう

だいゆう-りゆう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android