コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木藤十郎 おおき とうじゅうろう

1件 の用語解説(大木藤十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大木藤十郎 おおき-とうじゅうろう

1785-1873 江戸時代後期の砲術家。
天明5年生まれ。長崎奉行所につとめながら,坂本天山に荻野(おぎの)流砲術を,高島秋帆に洋式砲術をまなぶ。また,オランダ人から汽船運用法や反射炉使用法などを伝習した。佐賀藩で航海術をおしえ,長崎港外の砲台改築の指揮をした。明治6年11月22日死去。89歳。肥前長崎出身。名は忠貞。通称ははじめ藤四郎。号は野鶴,可月。著作に「砲術捷径秘録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大木藤十郎の関連キーワード三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水坂東三津五郎ロシア音楽地租改正レーピン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone