コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村治五平 おおむら じごへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村治五平 おおむら-じごへい

1751-1813 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦元年生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。文化4年択捉(えとろふ)島でロシア軍の捕虜となったが解放され宗谷帰着箱館,松前,江戸で取り調べをうけ,5年帰藩をゆるされた。事件の記録「私残記(しざんき)」をあらわす。文化10年8月4日死去。63歳。名は次五平ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大村治五平の関連キーワード武士

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android