コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村治五平 おおむら じごへい

1件 の用語解説(大村治五平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村治五平 おおむら-じごへい

1751-1813 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦元年生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。文化4年択捉(えとろふ)島でロシア軍の捕虜となったが解放され宗谷に帰着。箱館,松前,江戸で取り調べをうけ,5年帰藩をゆるされた。事件の記録「私残記(しざんき)」をあらわす。文化10年8月4日死去。63歳。名は次五平ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大村治五平の関連キーワード鶏冠乾壺外大橋重雅鼇山是一(4代)佐中樗雲山下池亭山本松桂和祥