コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東流合気柔術 だいとうりゅうあいきじゅうじゅつ

1件 の用語解説(大東流合気柔術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大東流合気柔術
だいとうりゅうあいきじゅうじゅつ

平安時代末期の清和源氏の流れをくむ新羅三郎義光を流祖とする武田一族に伝わる武技。滋賀の大東の館で育ったのでこの名称がある。甲斐の武田国次が天正2 (1574) 年会津の蘆名家の地頭に就任,以後歴代会津領主の蒲生氏郷加藤嘉明保科正之らに順次仕えて,「合気の術」として 500石以上の上士にのみ教えた御留業 (おとめわざ) であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大東流合気柔術の言及

【合気道】より

…広義には,古流柔術の一派大東流合気柔術を源流とする〈合気〉の名を冠する日本武術をいう。狭義には,同流修行者の一人植芝盛平によってまとめられた形(かた)(約束練習)による練習法と,その解釈を指すことが多い。…

※「大東流合気柔術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大東流合気柔術の関連キーワード源氏獅子物源氏の氏神新羅三郎流れを汲む一河の流れを汲むも他生の縁源国基山県氏貞純親王流清和源氏《清和源氏十五段》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone