コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植芝盛平 うえしばもりへい

3件 の用語解説(植芝盛平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植芝盛平
うえしばもりへい

[生]1883.12.14. 和歌山,田辺
[没]1969.4.26.
合気道の創始者。 18歳のとき上京して戸沢徳三郎に天神真楊流柔術を学ぶ。その後軍隊生活を経て帰郷し講道館柔道を高木喜代市に学ぶ。 1915年北海道に入植中,大東流合気柔術中興の祖武田惣角 (そうかく) に師事する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植芝盛平 うえしば-もりへい

1883-1969 大正-昭和時代の武道家。
明治16年12月14日生まれ。武田惣角(そうかく)に大東流柔術をまなぶ。大正8年大本教の出口王仁三郎(おにさぶろう)にであい,京都府綾部町に修行道場植芝塾をひらく。のち柳生(やぎゅう)新陰流や起倒流柔術などの長所もとりいれ,「合気武道」を創始。昭和19年「合気道」と改称した。昭和44年4月26日死去。85歳。和歌山県出身。別名に守高,常盛。著作に「武道伝書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うえしばもりへい【植芝盛平】

1883‐1969(明治16‐昭和44)
武術家。和歌山県出身。20歳代前半までに天神真楊流,柳生流等の柔術や銃剣術を学び,武術的資質と強靱な体力を養った。また講道館柔道も学ぶ。1915年に,大東流中興の祖といわれ剣・槍・柔術などに長じていた武田惣角に師事する。20年から綾部の大本教本部に居住し,出口王仁三郎から精神的影響を受けた。その後宝蔵院流槍術,柳生新陰流など剣術の研鑽にも努め,22年には大東流の教授代理を許された。31年ころからしだいに武田を離れ,合気武術,合気武道と称して独立,42年以後合気道と称して戦後これを普及させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植芝盛平の関連キーワード和歌山県和歌山市粟和歌山県和歌山市上野和歌山県和歌山市加太和歌山県和歌山市北和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市西和歌山県和歌山市西浜和歌山県和歌山市祢宜和歌山県和歌山市吹上和歌山県和歌山市和歌浦西

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植芝盛平の関連情報