コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植芝盛平 うえしばもりへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植芝盛平
うえしばもりへい

[生]1883.12.14. 和歌山,田辺
[没]1969.4.26.
合気道創始者。 18歳のとき上京して戸沢徳三郎に天神真楊流柔術を学ぶ。その後軍隊生活を経て帰郷し講道館柔道を高木喜代市に学ぶ。 1915年北海道に入植中,大東流合気柔術中興の祖武田惣角 (そうかく) に師事する。その他神影流,柳生流などの古流をも研究した。 1920年大本教に入信して神人合一の境地を体験し,合気道を「神人合気の道」として提唱するにいたった。 1927年講道館評議員竹下勇 (海軍大将) の招きにより上京し,道場を設けて今日の隆盛の基を開いた。その功績により 1960年紫綬褒章受章。 1964年勲四等旭日小綬章,1969年正五位勲三等瑞宝章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植芝盛平 うえしば-もりへい

1883-1969 大正-昭和時代の武道家。
明治16年12月14日生まれ。武田惣角(そうかく)に大東流柔術をまなぶ。大正8年大本教の出口王仁三郎(おにさぶろう)にであい,京都府綾部町に修行道場植芝塾をひらく。のち柳生(やぎゅう)新陰流や起倒流柔術などの長所もとりいれ,「合気武道」を創始。昭和19年「合気道」と改称した。昭和44年4月26日死去。85歳。和歌山県出身。別名に守高,常盛。著作に「武道伝書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うえしばもりへい【植芝盛平】

1883‐1969(明治16‐昭和44)
武術家。和歌山県出身。20歳代前半までに天神真楊流,柳生流等の柔術や銃剣術を学び,武術的資質と強靱な体力を養った。また講道館柔道も学ぶ。1915年に,大東流中興の祖といわれ剣・槍・柔術などに長じていた武田惣角に師事する。20年から綾部の大本教本部に居住し,出口王仁三郎から精神的影響を受けた。その後宝蔵院流槍術,柳生新陰流など剣術の研鑽にも努め,22年には大東流の教授代理を許された。31年ころからしだいに武田を離れ,合気武術,合気武道と称して独立,42年以後合気道と称して戦後これを普及させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植芝盛平の関連キーワード武田 惣角昭和時代岩間

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植芝盛平の関連情報