コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻礼輔 おおつき れいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻礼輔 おおつき-れいすけ

1814-1878 幕末の砲術家。
文化11年生まれ。大槻平泉の次男。大槻習斎の弟。陸奥(むつ)仙台藩につかえ,安政4年藩で建造した洋式軍艦開成丸の初航海の際,砲術方主立兼船中取締役をつとめた。明治11年2月15日死去。65歳。名は棐。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大槻礼輔の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人奈破崙パジェスファン=デン=ブルークモーニッケ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android