コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻習斎 おおつき しゅうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻習斎 おおつき-しゅうさい

1811-1865 幕末の儒者。
文化8年生まれ。大槻平泉(へいせん)の長男。昌平黌(しょうへいこう)で古賀侗庵(どうあん)にまなんだ。嘉永(かえい)3年父の跡をつぎ仙台藩校養賢堂学頭となる。西洋学問所をひらき,蘭学局にロシア語科などを開設。また大砲の鋳造や洋式軍艦の建造にあたった。慶応元年7月13日死去。55歳。名は清格。字(あざな)は文礼。通称は格治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大槻習斎の関連キーワード小野寺鳳谷作並鳳泉大槻礼輔儒者

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android