コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻習斎 おおつき しゅうさい

1件 の用語解説(大槻習斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻習斎 おおつき-しゅうさい

1811-1865 幕末の儒者。
文化8年生まれ。大槻平泉(へいせん)の長男。昌平黌(しょうへいこう)で古賀侗庵(どうあん)にまなんだ。嘉永(かえい)3年父の跡をつぎ仙台藩校養賢堂学頭となる。西洋学問所をひらき,蘭学局にロシア語科などを開設。また大砲の鋳造や洋式軍艦の建造にあたった。慶応元年7月13日死去。55歳。名は清格。字(あざな)は文礼。通称は格治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大槻習斎の関連キーワード中野龍田秋田稲人市川彬斎大江荊山春日仲襲金子霜山菊池元春高妻芳洲藤井藍田由井天山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone