大槻平泉(読み)おおつき へいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻平泉 おおつき-へいせん

1773-1850 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。志村東嶼(とうしょ),のち昌平黌(しょうへいこう)で柴野栗山(りつざん)らにまなぶ。文化7年陸奥(むつ)仙台藩につかえ,藩校養賢堂学頭となる。昌平黌を手本に学制をあらためた。嘉永(かえい)3年1月17日死去。78歳。陸奥磐井郡(岩手県)出身。名は清準。字(あざな)は子縄。通称は民治。著作に「鯨海游志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android