コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大槻平泉 おおつき へいせん

1件 の用語解説(大槻平泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大槻平泉 おおつき-へいせん

1773-1850 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。志村東嶼(とうしょ),のち昌平黌(しょうへいこう)で柴野栗山(りつざん)らにまなぶ。文化7年陸奥(むつ)仙台藩につかえ,藩校養賢堂の学頭となる。昌平黌を手本に学制をあらためた。嘉永(かえい)3年1月17日死去。78歳。陸奥磐井郡(岩手県)出身。名は清準。字(あざな)は子縄。通称は民治。著作に「鯨海游志」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大槻平泉の関連キーワードテーラーティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱雲華道光帝序曲難波抱節ニーマン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone