コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋勘兵衛(3代) おおひ かんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大樋勘兵衛(3代) おおひ-かんべえ

1781-1856 江戸時代後期の陶工。
天明元年生まれ。2代大樋勘兵衛の長男。大樋焼5代。加賀金沢藩主前田斉広(なりなが),斉泰(なりやす)につかえる。天保(てんぽう)3年将軍徳川家斉(いえなり)接待のため江戸藩邸で家斉臨席のもと天目茶碗(ちゃわん)などを製作した。作事奉行壁塗歩組をつとめ,陶器御用をかねた。安政3年2月21日死去。76歳。加賀(石川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大樋勘兵衛(3代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android