コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋勘兵衛(3代) おおひ かんべえ

1件 の用語解説(大樋勘兵衛(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大樋勘兵衛(3代) おおひ-かんべえ

1781-1856 江戸時代後期の陶工。
天明元年生まれ。2代大樋勘兵衛の長男。大樋焼5代。加賀金沢藩主前田斉広(なりなが),斉泰(なりやす)につかえる。天保(てんぽう)3年将軍徳川家斉(いえなり)接待のため江戸藩邸で家斉臨席のもと天目茶碗(ちゃわん)などを製作した。作事奉行壁塗歩組をつとめ,陶器御用をかねた。安政3年2月21日死去。76歳。加賀(石川県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大樋勘兵衛(3代)の関連キーワード藩学一覧鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明田沼時代

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone