コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大橋訥菴 おおはしとつあん

世界大百科事典 第2版の解説

おおはしとつあん【大橋訥菴】

1816‐62(文化13‐文久2)
幕末の志士。兵学者清水赤城の四男として江戸に生まれ,いったん飯山藩士酒井力蔵の養子に迎えられたが,離別して江戸に戻り日本橋の商人大橋淡雅(菊池淡雅)の養子となる。通称順蔵,名は正順,字が周道,訥菴は号。儒学佐藤一斎に学び,学者でもあった養父の協力で日本橋に思誠塾を開いたが,やがて過激な尊王攘夷思想に傾いた。57年(安政4)刊の《闢邪小言(へきじやしようげん)》が彼の主著である。安政の大獄に際し,さらされていた頼三樹三郎の死体を葬るなど有志としての行動があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大橋訥菴の言及

【坂下門外の変】より

…また,61年5月,水戸藩士による東禅寺のイギリス公使館襲撃事件(東禅寺事件)がおこると,外国との衝突を回避する立場から,信正は水戸藩の責任を問い,家老を免職にした。尊攘思想の持主であった宇都宮藩士で儒者の大橋訥菴(とつあん)は,これらの事態を見て,水戸浪士や自己の門人と共に,信正の暗殺を計画した。訥菴は直前に逮捕されたが,水戸浪士ら6人は,62年1月15日,襲撃を決行し信正を負傷させた。…

【闢邪小言】より

…幕末尊皇論の代表的著述の一つ。著者は大橋訥菴(とつあん)。1852年(嘉永5)の自序,57年(安政4)刊行。…

※「大橋訥菴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大橋訥菴の関連キーワードバイロンカッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]高山陣屋跡マリア1世シャカアサガオ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android