コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闢邪小言 へきじゃしょうげん

世界大百科事典 第2版の解説

へきじゃしょうげん【闢邪小言】

幕末尊皇論の代表的著述の一つ。著者は大橋訥菴(とつあん)。1852年(嘉永5)の自序,57年(安政4)刊行。活機を論じて時機にかない非常によく売れたが,訥菴はその利益をことごとく武器の購入に充てたという。4巻4冊で,写本が竜谷大学に,版本は国立国会図書館はじめ各地に多く蔵されている。活字本は《大橋訥菴先生全集》上,《明治文化全集》思想編,《校訂闢邪小言》などがある。【松浦 玲】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

闢邪小言の関連キーワード大橋訥庵排耶書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android