コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闢邪小言 へきじゃしょうげん

1件 の用語解説(闢邪小言の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

へきじゃしょうげん【闢邪小言】

幕末尊皇論の代表的著述の一つ。著者は大橋訥菴(とつあん)。1852年(嘉永5)の自序,57年(安政4)刊行。活機を論じて時機にかない非常によく売れたが,訥菴はその利益をことごとく武器の購入に充てたという。4巻4冊で,写本が竜谷大学に,版本は国立国会図書館はじめ各地に多く蔵されている。活字本は《大橋訥菴先生全集》上,《明治文化全集》思想編,《校訂闢邪小言》などがある。【松浦 玲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

闢邪小言の関連キーワード僧肇尊王論フロマンタン大橋流代表的統道真伝ホルスタイン乳牛対応時間の法則黒田五柳サイドアームストローク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone