コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池淡雅 きくち たんが

2件 の用語解説(菊池淡雅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池淡雅 きくち-たんが

1789-1853 江戸時代後期の商人。
寛政元年7月28日生まれ。菊池教中の父。下野(しもつけ)(栃木県)の人。宇都宮の菊池家をつぐ。26歳で江戸浜町に木綿問屋をひらき,一代で豪商となった。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)では難民救済につくす。書をよくし,読書家としても知られた。嘉永(かえい)6年5月17日死去。65歳。本姓は大橋。名は知良。通称は佐野屋孝兵衛。著作に「淡雅雑著」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きくちたんが【菊池淡雅】

1788‐1853(天明8‐嘉永6)
江戸の豪商・文人で社会福祉家。野州宇都宮の人。名は知良,通称孝兵衛,のち良左衛門と改めた。淡雅は号。都賀郡の医家大橋英斎の子で,はじめ父業を志したが菊池家の養子となり,1814年(文化11)江戸浜町に出て木綿問屋を開いた。十数年後には富豪と目されるほど経営の才を示し,天保の大飢饉に際しては金穀を惜しみなく飢民に施すなど,救貧にも意を用いた。読書家でもあり,《淡雅雑著》の著がある。【北原 進】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の菊池淡雅の言及

【大橋訥菴】より

…幕末の志士。兵学者清水赤城の四男として江戸に生まれ,いったん飯山藩士酒井力蔵の養子に迎えられたが,離別して江戸に戻り日本橋の商人大橋淡雅(菊池淡雅)の養子となる。通称順蔵,名は正順,字が周道,訥菴は号。…

※「菊池淡雅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菊池淡雅の関連キーワード土師掻安鳥居清次黒川惟章桜井供秀山本実睹禾月土屋安親(5代)英一蜂(2代)米津政懿板倉勝氐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone