コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江文坡 おおえ ぶんぱ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江文坡 おおえ-ぶんぱ

?-1790 江戸時代中期の戯作(げさく)者,神道家。
僧侶として日向(ひゅうが)(宮崎県)で修行をつんだのち,京都にでて還俗(げんぞく)。神仙道をとなえる。のち怪談・奇談ものや説教本などの作者として活躍した。寛政2年8月8日死去。名は匡弼(ただすけ)。号は臥仙子,天賜観。著作に「万国山海経」「運気考」「小野小町行状記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大江文坡の関連キーワード僧侶戯作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android