コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江親通 おおえの ちかみち

1件 の用語解説(大江親通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江親通 おおえの-ちかみち

?-1151 平安時代後期の学者。
大学寮の学生(がくしょう)。仏教の信仰にあつく,インド,中国,日本の舎利の霊感に関する文献をあつめて「駄都抄」30巻をあらわす。晩年は出家。書にもすぐれ,草書をよくした。仁平(にんびょう)元年10月15日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大江親通の言及

【七大寺巡礼】より

…金峰山詣,長谷詣,熊野詣などは著名であるが,このような気運は藤原貴族と関係の深い南都諸大寺にも及び,法華寺,唐招提寺などの諸寺も巡拝の対象となった。1106年(嘉承1)と40年(保延6)の2回にわたって大江親通(?‐1151)は七大寺巡礼を行ったが,今日そのときの記録として《七大寺日記》《七大寺巡礼私記》が伝えられ,院政期の諸大寺の実情を伝えるうえで最も重要な資料とされている。【堀池 春峰】。…

※「大江親通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大江親通の関連キーワード円憲大江維順大江維光岡田牛養元性喜子内親王信慧任清信貞頼増

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone