コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米友仁 べいゆうじん Mi You-ren

6件 の用語解説(米友仁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米友仁
べいゆうじん
Mi You-ren

[生]煕寧7(1074)
[没]紹興21(1151)
中国,北宋末,南宋初の文人画家。襄陽 (湖北省) の人。字は元暉 (げんき) ,号は懶拙 (らんせつ) 道人,海嶽後人など。米 芾 (べいふつ) の長男で父を大米というのに対して小米とも呼ばれた。諸官を歴任し,北宋,南宋の交代期には江南の各地を転々とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

べい‐ゆうじん〔‐イウジン〕【米友仁】

[1072~1151]中国、北宋末・南宋初の画家・書家。襄陽(じょうよう)(湖北省)の人。字(あざな)は元暉(げんき)。号、懶拙道人(らんせつどうじん)など。父米芾(べいふつ)を大米というのに対し、小米と称され、父の山水画法を受け継ぎ、発展させた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

米友仁【べいゆうじん】

米【ふつ】(べいふつ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

べいゆうじん【米友仁 Mǐ Yŏu rén】

1074‐1151
中国,北宋末から南宋初期にかけての画家。幼名は虎児,字は元暉(げんき)。号は懶拙老人,海嶽後人など。湖北省襄陽の人。米芾(べいふつ)の長子で父を大米,子を小米とも呼ぶ。画家としては父の法を継承し,個々のモティーフの輪郭を強調せず,墨の濃淡と広がりを効果的に用いた雲山図を得意とした。北宋期に大名府小尹となり,南宋に入り将作監,兵部侍郎,敷文閣直学士などに任ぜられた。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

べいゆうじん【米友仁】

1072~1151) 中国、宋代の画家・書家。米芾べいふつの子。字あざなは元暉、号は海岳道人・懶拙道人など。父の描法を継承した山水画に巧みであった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米友仁
べいゆうじん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の米友仁の言及

【山水画】より

… ただ,北宋時代は唐代と同様,華北山水画が主流をなした時代であり,李成に学んだ范寛,郭熙らが出て三遠法を駆使した精緻な空間表現を達成し,江南山水画を圧倒した。江南山水画が再評価されるようになるのは北宋も後期以後,紙や墨などの素材のもつ滲みなどの効果に鋭い感受性を示した米芾(べいふつ)・米友仁父子によってであるが,華北山水画と江南山水画のこういった再対立・再総合の機運は十分熟さないまま,南宋と金とが中国を二分して形づくられる,山水画における南北の複雑な対立状況が出現する。北宋絵画の正統を受け継ぐと自負する金には王庭筠らの文人画家,南宋には四大家と称される李唐,劉松年,馬遠,夏珪ら,北宋画院の伝統を継承する画院画家が現れ,それぞれの絵画史の基調を作りあげた。…

【樹法】より

…樹木は人物・山水・花鳥画の重要な構成要素であり,古来多くの画法が発明された。唐の韋偃(いえん)は竜をかたどった松,張璪は孤高におごる松,宋の李成・郭熙は君子を象徴すると同時に奇怪な寒林,米友仁は無根樹,馬遠は車輪蝴蝶の松,元の倪瓚(げいさん)はまばらな蕭散とした雑樹をかいた。また根,幹,枝,葉の各部も多様に分かれ,根は露根,枝は鹿角,蟹爪,葉は点葉,夾葉などの画法があった。…

※「米友仁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

米友仁の関連キーワード馬遠夷堅志青緑山水李唐燕文貴唐行き舎密伯庵李安忠蘇漢臣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone