渤海湾(読み)ボッカイワン

  • 渤海湾 Bó hǎi wān

世界大百科事典 第2版の解説

中国沿岸の縁海の一つ。遼寧河北・山東3省と天津市に接し,遼東半島と山東半島の間の渤海海峡によって黄海とへだてられる。古くより,華北朝鮮,日本を結ぶ海上交通路として,政治・文化・経済の交流において重要な位置を占める。面積約8万km2,平均水深約20m。沿岸には遼東,渤海,萊州の三つの湾があり,渤海海峡には廟島群島が浮かぶ。遼河,海河,黄河の3本の大河川が流入,河口付近は浅海底をなし,とくに海河水系の天津付近では,しばしば海進・海退が見られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中国北東部、渤海西部の湾。北は灤河(らんが)、南は黄河の河口から奥の海域をいい、湾奥に天津市がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android