コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洋底変成作用 たいようていへんせいさよう oceanfloor metamorphism

1件 の用語解説(大洋底変成作用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいようていへんせいさよう【大洋底変成作用 oceanfloor metamorphism】

大西洋中央海嶺東太平洋海膨の中央のリフト帯で起こる低圧力下での変成作用広域変成作用接触変成作用と同様に地質学的に分類した変成作用の名称である。大西洋中央海嶺や東太平洋海膨などの中央海嶺は海洋プレートの生産される場所と考えられている。そこでは表面熱流量が大きく,地下の温度も著しく高い。このため海嶺の海洋地殻は比較的浅い所でも再結晶するほど十分に温度が高い。また水分も多数の正断層にそって地殻内部にもたらされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大洋底変成作用の関連キーワード海膨大西洋中央海嶺中央海嶺東太平洋海膨海膨(かいぼう)太平洋プレートMARトランジショナル中央海嶺玄武岩富化中央海嶺玄武岩中央水

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone