コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑色片岩 リョクショクヘンガン

岩石学辞典の解説

緑色片岩

構成鉱物として角閃石,緑泥石,緑簾石などを多量に含む低度の結晶片岩の野外名の総称[Naumann : 1849, Kalkowsky : 1886].緑色片岩(greenschist)は英語や日本語などではいずれも一つの単語であって,緑色の片岩のことではない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

防府市歴史用語集の解説

緑色片岩

 地下の深いところで、熱や圧力によってつくられた石の一種です。うろこ状や柱状の結晶がくっついてできたもので、帯状の模様に見えます。防府市内では中浦周辺で見られます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

りょくしょくへんがん【緑色片岩】

角閃石・緑泥石・緑簾石りよくれんせき・白雲母・曹長石・石英などの鉱物の組み合わせからなる結晶片岩の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緑色片岩
りょくしょくへんがん
greenschist

緑泥石、緑簾(りょくれん)石、アクチノ閃(せん)石、パンペリー石、曹長(そうちょう)石などを主成分とする結晶片岩。玄武岩や玄武岩質火砕岩が、比較的低い温度条件(約200℃)の下で広域変成作用を受けて生成したもの。再結晶作用は完全でないことも多く、そのため原岩の鉱物、とくに単斜輝石が残留していることが少なくない。しかし、片理の発達は一般に顕著で、緑泥石やアクチノ閃石はその方向に平行に配列する。広域変成帯の最低温度部分を構成する代表的な岩石で、緑色片岩相という変成相の名称のもとになっている。緑色片岩のなかで、変成作用のときの圧力が高かったものは、藍閃(らんせん)石やローソン石を含むこともある。三波川(さんばがわ)変成帯や三郡変成帯の低温部はもとより、阿武隈(あぶくま)変成帯の低温部にも広く分布している。[橋本光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑色片岩の関連情報