コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東太平洋海膨 ひがしたいへいようかいぼう East Pacific Rise

5件 の用語解説(東太平洋海膨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東太平洋海膨
ひがしたいへいようかいぼう
East Pacific Rise

太平洋東部にある長大な海膨。地球を連続的に取巻く中央海嶺帯の一部を構成する。海洋底からの比高 2000~3000m,幅 2000~4000kmで,南緯 55°,西経 120°付近よりアルバトロス海底山系,イースター島ガラパゴス島を経てカリフォルニア湾南部に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひがしたいへいよう‐かいぼう〔ひがしタイヘイヤウカイバウ〕【東太平洋海膨】

太平洋南東部をほぼ南北にのびる広大な海底の高まり。位置は東に偏っているが、太平洋中央海嶺に当たる。他の中央海嶺に比べて海嶺部の幅が広く、比較的なだらかなので海膨とよばれる。東太平洋海嶺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしたいへいようかいぼう【東太平洋海膨 East Pacific Rise】

東南太平洋の西経100~120゜の間をカリフォルニア湾(北緯20゜付近)からエルタニン断裂帯(南緯55゜付近)までほぼ南北に走る大洋中央海嶺で,大西洋中央海嶺などに比べて拡大速度が3倍以上(6~7cm/年)であるために,見かけの勾配がゆるく,海膨と呼ばれた。山頂の水深は2600~3000mほどで,中軸谷は大西洋のように大規模なものはない。1978年のアルビンAlvin(アメリカ)とシエナCyana(フランス)の潜航調査によって銅,亜鉛,ニッケルコバルトなどの重金属に富む熱水が中軸部の海底に噴出して硫化物を沈積し,そのまわりには硫黄バクテリアを食べる動物をもとにした底生動物集落が形成されていることが発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひがしたいへいようかいぼう【東太平洋海膨】

太平洋南東部をほぼ南北に走る長大な海底の高まり。西経100~120度の間で、北緯20度付近から南緯55度付近に及ぶ。海底地殻の湧き出し地帯と考えられている。東太平洋海嶺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東太平洋海膨
ひがしたいへいようかいぼう

太平洋の中央海嶺(かいれい)にあたる広大な海底の隆起。位置は太平洋中央部より著しく東に偏っている。幅2000~4000キロメートル、比高2000~3000メートルだが、地形は比較的なだらかで、中軸谷も明瞭(めいりょう)でないので、海膨または海丘とよばれている。南アメリカ大陸沖からメキシコにかけては典型的な海膨の姿をみせているが、北部では東半分が北アメリカ大陸と重なっていて、全容をみることができない。カリフォルニア湾から北は断続的になるが、延長部はファン・デ・フーカJuan de Fuca海嶺を経て、アラスカ湾まで追跡することができる。南部は太平洋・南極海嶺に連なっている。[勝又 護]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東太平洋海膨の言及

【海底地形】より

… 離れるプレート境界ではアセノスフェアが海底近くまで上昇し,中央海嶺を形成する。中央海嶺は,北極海,大西洋,インド洋などの大洋のほぼ中央に連なる海底の大山脈で,太平洋では南東部に走る東太平洋海膨となっている。中央海嶺下のアセノスフェアは圧力低下のためにマグマを生じ,海嶺中軸部では火山活動や地下での貫入が起こる。…

【海嶺】より

…中軸沿いに浅い地震の列が観測され,海底が生成・拡大しつつあることが明瞭な大洋中央海嶺mid‐oceanic ridgeと,地震活動の列がみられず,中軸部の岩石の年齢も古い非活動海嶺aseismic ridgeとに分けられる。太平洋の南東部に見られる長大な高まりはこう配が比較的ゆるく,起伏もなめらかなので東太平洋海膨とよばれるが,成因的にはこれも大洋中央海嶺の一種である。 大洋中央海嶺の中軸部には中軸谷をもつもの(大西洋中央海嶺,インド洋中央海嶺)ともたないもの(東太平洋海膨,レイキャネス海嶺)がある(図2)が,いずれにもきわめて若い深海性ソレアイトとよばれる玄武岩の枕状溶岩が露出している。…

※「東太平洋海膨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東太平洋海膨の関連キーワード北太平洋高気圧七つの海東オーストラリア海流南太平洋委員会南太平洋西経パシフィック《南太平洋》南太平洋経済協力機関南太平洋大学

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone