大浮(読み)おおうき

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐うき おほ‥【大浮】

〘名〙
① 勝負などで大勝すること。利益などがはなはだしく多いこと。
※歌舞伎・絵本合法衢(1810)四幕「『コレ、また日上げを貸せと云ふまいよ』『なにサ、今日は大浮(オホウ)きサ。そこで姐御、一升買って来ました』」
② 大いに浮かれること。
※歌舞伎・御国入曾我中村(1825)中幕「今夜は木母寺の、半右衛門がところで、夜明しの大浮(オホウ)きと洒落やせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android