コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大海の放下 おおみのほうか

世界大百科事典 第2版の解説

おおみのほうか【大海の放下】

民俗芸能。風流(ふりゆう)踊の一種である念仏踊で,愛知県新城市大海で盆に踊られる。8月14,15日の両夜,大きなうちわを背に負い,胸に締太鼓をつけた3人の踊手とササラ竹を背負った者1人が中心となり,笛・鉦(かね)・音頭のはやしと行列を組んで寺社の境内や新盆の家々をめぐり,念仏を唱えながら勇壮に踊る。踊りの中に放下歌があり,法歌の意ともいわれるが,放下僧によって持ちこまれたともいわれている。【高橋 秀雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android