コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大海の放下 おおみのほうか

1件 の用語解説(大海の放下の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおみのほうか【大海の放下】

民俗芸能。風流(ふりゆう)踊の一種である念仏踊で,愛知県新城市大海で盆に踊られる。8月14,15日の両夜,大きなうちわを背に負い,胸に締太鼓をつけた3人の踊手とササラ竹を背負った者1人が中心となり,笛・鉦(かね)・音頭のはやしと行列を組んで寺社の境内や新盆の家々をめぐり,念仏を唱えながら勇壮に踊る。踊りの中に放下歌があり,法歌の意ともいわれるが,放下僧によって持ちこまれたともいわれている。【高橋 秀雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大海の放下の関連情報