コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大渡河 だいとが

3件 の用語解説(大渡河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大渡河
だいとが

「タートー (大渡) 河」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいとが【大渡河】

中国、四川省の西部を南東に流れる川。岷江みんこう最大の支流。1935年長征の紅軍が強行渡河したことで知られる。長さ909キロメートル。タートゥーホー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大渡河
だいとが / タートゥーホー

中国、四川(しせん)省西部を流れる川。揚子江(ようすこう)水系岷(びん)江の最大の支流。青海省バインハル山脈南面からの河川が四川省北西部に入り、東流、ついで南流して大雪(だいせつ)(きょうらい)両山脈間の峡谷を流れ、石棉(せきめん)から東流、さらに北東流して楽山(らくざん)で岷江に流入する。上流の金川(きんせん)からは大金川、中流のロンザツから大渡河とよばれる。全長1070キロメートル。革命記念地瀘定(ろてい)橋は中国紅軍の長征における強行渡河点であり、最下流部には(きょうし)と銅街子(どうがいし)の水力発電所がある。[小野菊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大渡河の言及

【大雪山脈】より

…中国でもっとも氷河が発達した地域の一つである。西の雅礱(がろう)江と東の大渡河との分水嶺にあたる。1935年,中国紅軍は,長征の途上で,この山脈をこえている。…

※「大渡河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大渡河の関連情報