コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊長次郎 おおくま ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊長次郎 おおくま-ちょうじろう

1901-1933 大正-昭和時代前期の歌人。
明治34年6月7日生まれ。古泉千樫(ちかし)に入門。師の没後の昭和2年橋本徳寿らと「青垣」を創刊。印刷局工員などの職を転々とし,新しき村やトルストイに関心をしめした。貧困のうちに胸を病み,昭和8年1月21日自殺。33歳。東京出身。歌集に「蘭奢待(らんじゃたい)」「真木」など。
【格言など】遠くゐるものをぞおもへ篠懸(すずかけ)の枯葉をたたく雨はひそかに(「蘭奢待」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大熊長次郎の関連キーワード大熊 長次郎

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android