コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊長次郎 おおくま ちょうじろう

1件 の用語解説(大熊長次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊長次郎 おおくま-ちょうじろう

1901-1933 大正-昭和時代前期の歌人。
明治34年6月7日生まれ。古泉千樫(ちかし)に入門。師の没後の昭和2年橋本徳寿らと「青垣」を創刊。印刷局工員などの職を転々とし,新しき村やトルストイに関心をしめした。貧困のうちに胸を病み,昭和8年1月21日自殺。33歳。東京出身。歌集に「蘭奢待(らんじゃたい)」「真木」など。
【格言など】遠くゐるものをぞおもへ篠懸(すずかけ)の枯葉をたたく雨はひそかに(「蘭奢待」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大熊長次郎の関連キーワード正岡子規スカルノ下関(市)晩年伊豆の踊子丹下左膳カクランノルデンショルドブラントンロッシュ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone