大熊長次郎(読み)おおくま ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊長次郎 おおくま-ちょうじろう

1901-1933 大正-昭和時代前期の歌人。
明治34年6月7日生まれ。古泉千樫(ちかし)に入門。師の没後の昭和2年橋本徳寿らと「青垣」を創刊。印刷局工員などの職を転々とし,新しき村やトルストイに関心をしめした。貧困のうちに胸を病み,昭和8年1月21日自殺。33歳。東京出身。歌集に「蘭奢待(らんじゃたい)」「真木」など。
【格言など】遠くゐるものをぞおもへ篠懸(すずかけ)の枯葉をたたく雨はひそかに(「蘭奢待」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android