コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古泉千樫

9件 の用語解説(古泉千樫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

古泉千樫

歌人。幾太郎。千葉県人。伊藤左千夫に師事する。アララギ同人編輯者。昭和2年(1927)歿、42才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こいずみ‐ちかし〔こいづみ‐〕【古泉千樫】

[1886~1927]歌人。千葉の生まれ。本名、幾太郎。伊藤左千夫に師事し、「アララギ」同人として活躍。のち「日光」に参加。歌集「川のほとり」「青牛集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古泉千樫【こいずみちかし】

歌人。千葉県生れ。本名幾太郎。伊藤左千夫に師事,《アララギ》創刊に参加し主要同人となった。清澄な作品が多い。のち《アララギ》と遠くなり,北原白秋らとともに《日光》創刊に参加,1926年青垣会を結成し門下を指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古泉千樫 こいずみ-ちかし

1886-1927 明治-昭和時代前期の歌人。
明治19年9月26日生まれ。伊藤左千夫(さちお)に師事。明治41年小学校教員をやめて上京,「アララギ」同人となる。のち「日光」にくわわるが,大正15年青垣(あおがき)会を結成。昭和2年8月11日死去。42歳。千葉県出身。千葉教育会教員講習所卒。本名は幾太郎。別号に椎南荘主人など。歌集に「川のほとり」。
【格言など】吾等の詩は吾等の内生命における苦しき秘密の告白である(「アララギ」明治45年2月)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古泉千樫

没年:昭和2.8.11(1927)
生年:明治19.9.26(1886)
明治大正時代の歌人。本名幾太郎。別号沽哉など。千葉県長狭郡吉尾村(鴨川市)生まれ。弥一,きくの長男。14歳より歌作を始め,明治37(1904)年に『馬酔木』への投稿歌が伊藤左千夫に激賞されて左千夫門に入門した。41年には小学校教員を辞して上京,帝国水難救済会に職を得る。『アララギ』初期から興隆期の主要同人として編集責任者にもなった。その歌風は写生を基調として心情を豊かに歌ったもので,『万葉集』に対する深い理解がその底にあるといえるだろう。晩年は『日光』に参加,門下と青垣会を結成したが,その機関誌の創刊をみずに死去。歌集に『川のほとり』(1925),『屋上の土』(1928),『青牛集』(1933)などがある。

(平石典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こいずみちかし【古泉千樫】

1886‐1927(明治19‐昭和2)
大正期の歌人。本名幾太郎。千葉県生れ。1908年上京して水難救済会に勤めた。04年《馬酔木(あしび)》の投稿歌が伊藤左千夫に認められたのを機に入門。《アララギ》初期には新進中もっとも安定した作風を示した。一時編集責任者にもなったが,大正中期島木赤彦が同派の中心となるころから疎遠となり,24年創刊の《日光》に参加。同年喀血病臥(びようが)する前後から歌はとみに清澄の境に進んだ。26年門下と〈青垣会〉を結んだが,機関誌《青垣》の創刊を目前に没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こいずみちかし【古泉千樫】

1886~1927) 歌人。千葉県生まれ。本名、幾太郎。伊藤左千夫に師事、「アララギ」同人となる。写生を基調とした端整な抒情みを特徴とする。のち「日光」に参加。歌集「川のほとり」「屋上の土」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古泉千樫
こいずみちかし

[生]1886.9.26. 千葉,吉尾
[没]1927.8.11. 東京
歌人。本名,幾太郎。伊藤左千夫に師事し,『馬酔木 (あしび) 』『アララギ』を経て『日光』 (1924創刊) の同人となった。自然主義の影響を受けて日常生活に取材した堅実な歌風を示し,多くの門下生に慕われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古泉千樫
こいずみちかし
(1886―1927)

歌人。千葉県の農家に生まれる。本名幾太郎(いくたろう)。小学校代用教員を経て、1908年(明治41)に上京、のち水難救済会に勤務。伊藤左千夫(さちお)に師事し、初期『アララギ』の有力歌人として活躍、その歌壇進出に寄与した。24年(大正13)同誌を離れて『日光』に参加、26年青垣(あおがき)会を結成したが、機関誌の創刊をみずに没した。しなやかな調べと庶民的な生活感情を歌った点に特色があり、晩年の病床吟に傑作が多い。自選歌集『川のほとり』(1925)のほか、『屋上の土』(1928)、『青牛(せいぎゅう)集』(1933)、遺文集『随縁(ずいえん)集』(1930)がある。[本林勝夫]
 秋の空ふかみゆくらし瓶(かめ)にさす草稗(くさびえ)の穂のさびたる見れば
『上田三四二著『古泉千樫の秀歌』(1976・短歌新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古泉千樫の関連キーワード新井洸香川不抱金行幾太郎木村芳雨蕨真佐藤嘲花篠原志都児真下飛泉松村鬼史和田山蘭

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone