コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠懸 すずかけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篠懸
すずかけ

修験道の行者山伏が衣の上に着る麻の法衣鈴掛とも書く。金剛界を表わすという上衣と,胎蔵界を表わすという袴から成る。行者が深山を行くとき篠竹の露を防ぐためのものといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

篠懸の関連キーワード蝸牛(狂言)大熊長次郎大塔宮曦鎧篠懸・鈴懸緑地西橋修験者篠懸衣修験道客僧鈴懸

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android