コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊鵬 おおくま ほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊鵬 おおくま-ほう

1871-? 明治時代の軍事諜報(ちょうほう)員。
明治4年生まれ。23年荒尾精(あらお-せい)の日清貿易研究所(諜報活動機関)設置をきき上海にわたる。日清戦争がはじまると,現地情勢をさぐり報告。帰国後,陸軍通訳官となり猪田正吉らと花園口に上陸,明治27年10月敵状偵察に出発し行方不明。福岡県出身。幼名は常太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大熊鵬の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android