コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊鵬 おおくま ほう

1件 の用語解説(大熊鵬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊鵬 おおくま-ほう

1871-? 明治時代の軍事諜報(ちょうほう)員。
明治4年生まれ。23年荒尾精(あらお-せい)の日清貿易研究所(諜報活動機関)設置をきき上海にわたる。日清戦争がはじまると,現地情勢をさぐり報告。帰国後,陸軍通訳官となり猪田正吉らと花園口に上陸,明治27年10月敵状偵察に出発し行方不明。福岡県出身。幼名は常太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大熊鵬の関連キーワード諜報本庄繁陸軍中野学校諜報戦猪田正吉鐘崎三郎竹内一次谷豊松田聴松安原金次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone