コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大玄 だいげん

1件 の用語解説(大玄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大玄 だいげん

1680-1756 江戸時代中期の僧。
延宝8年5月23日生まれ。浄土宗。下野(しもつけ)(栃木県)黒羽の長松院俊能のもとで出家し,下総(しもうさ)飯沼弘経寺(茨城県)の祐天に師事。宝暦3年幕命により増上寺45世となり,大僧正に任じられた。宝暦6年8月4日死去。77歳。下野出身。字(あざな)は聖引。通称は信阿。号は速蓮社成誉。著作に「円戒帰元鈔」「円布顕正記並余説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大玄の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラックイギリス美術ロシア演劇徳川家綱難波鉦徳川家綱句合八ツ場ダムの6都県の負担金石鎚山脈

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone