コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祐天 ゆうてん

6件 の用語解説(祐天の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祐天
ゆうてん

[生]寛永14(1637).4.8.
[没]享保3(1718).7.15.
江戸時代中期の浄土宗僧。磐城 (福島県) の人。字は愚心。明蓮社顕誉と号した。 12歳で出家して以来,寺の住職となることを望まず修行に励んだ。貞享3 (1686) 年 50歳で諸国を遍歴,数年後に隠遁したが,将軍家の帰依篤く,正徳1 (1711) 年に増上寺第 36代貫首を継いだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうてん〔イウテン〕【祐天】

[1637~1718]江戸中期の浄土宗の僧。陸奥(むつ)の人。字(あざな)は愚心。号、明蓮社顕誉。徳川綱吉家宣らの帰依を受け、増上寺の第36世を継ぎ、大僧正となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祐天 ゆうてん

1637-1718 江戸時代前期-中期の僧。
寛永14年4月8日生まれ。浄土宗。江戸増上寺の檀通(だんつう)のもとで出家。のち各地で念仏布教に専心し,尊崇をあつめる。桂昌院,徳川綱吉,家宣(いえのぶ)らの帰依(きえ)をうけ,小石川伝通院の住持などをへて,正徳(しょうとく)元年(1711)増上寺住持。鎌倉大仏(高徳院)を中興した。享保(きょうほう)3年7月15日死去。82歳。陸奥(むつ)磐城(いわき)(福島県)出身。俗姓は新妻。字(あざな)は愚心。号は明蓮社顕誉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

祐天

没年:享保3.7.15(1718.8.11)
生年:寛永14.4.8(1637.5.31)
江戸中期の浄土宗の僧。生き仏として熱狂的に崇拝されていた。陸奥国岩城郡(福島県いわき市)生まれ。新妻重政の子。12歳のときに檀通について得度し,そのもとで修学する。のちに諸国修行の旅に出た。その間に怨霊を調伏したり名号を授与したりして,念仏の現世利益を説き,布教に専念した。このことに関しては,『祐天大僧正利益記』に詳しい。将軍徳川綱吉の母の桂昌院の帰依を得て,元禄12(1699)年に幕命により大巌寺住持に抜擢される。宝永1(1704)年に伝通院住持となり,江戸城に招かれ法門談義を行った。このころから大奥での帰依がさかんになったようである。正徳1(1711)年に増上寺36世となり,大僧上に任ぜられた。将軍徳川家宣の病気に際しては特に請ぜられて,家宣の善知識にもなった。天英院,法心院,蓮浄院らに血脈を与えて,格別の帰依を得る。幕府の行事に参加して,護持僧として振る舞った。また六字名号を書いて頒布して庶民を教化し,奈良の大仏,鎌倉の大仏を修補し,多くの廃寺を復興したことでも知られている。門弟の祐海が祐天の御影堂として建立したのが,祐天寺である。祐天寺の祐天の木像は,例年3月1日に江戸城に運ばれ,節供後下城するという慣習があった。<参考文献>『祐天大僧正利益記』,祐全『祐天寺記録』,『徳川実紀』,高田衛『江戸の悪霊祓師』

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうてん【祐天】

1637~1718) 江戸中期の浄土宗の僧。字あざなは愚心。号は明蓮社顕誉。増上寺で修行。のち、名声を嫌って各地を遍歴したが将軍家の尊信が厚く、1711年増上寺第三六世を継ぎ、大僧正となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祐天
ゆうてん
(1637―1718)

江戸中期の浄土宗の僧。明蓮社顕誉(みょうれんじゃけんよ)と号し、字(あざな)を愚心(ぐしん)という。磐城(いわき)国(福島県)新妻重政(にいづましげまさ)の子という。伯父休波(きゅうは)に従い江戸に出て、池徳院檀通(ちとくいんだんつう)に師事し修行する。のち諸国を遊歴して人々を教化し、名利を求めることなく念仏布教に専念した。とくに質素な姿の布教と六字名号(みょうごう)の授与は人々の尊信を集めた。その後、下総(しもうさ)(千葉県)生実(おゆみ)の大巌寺(だいがんじ)、常陸(ひたち)(茨城県)飯沼弘経寺(いいぬまぐぎょうじ)、江戸・小石川の伝通院(でんずういん)の住持を歴任、この間に将軍徳川綱吉(つなよし)の母桂昌院(けいしょういん)の帰依(きえ)を受けた。1711年(正徳1)増上寺36世を命じられる。その法門談義は、将軍徳川家宣(いえのぶ)・家継(いえつぐ)をはじめ大奥の帰依をも集めた。将軍から庶民に至るまで広く尊崇され、生仏とたたえられた。目黒の祐天寺は、高弟祐海(ゆうかい)が祐天を開山として1718年(享保3)に建立したその御影堂(みえいどう)である。[阿川文正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の祐天の言及

【祐天寺】より

…明顕山善久院と号する。1719年(享保4)増上寺36世祐天(1637‐1718)が晩年庵居して寂した地に高弟祐海が創建し,祐天を開山とした。祐天は将軍徳川綱吉・家宣,また綱吉の母桂昌院をはじめ大奥の帰依あつく,庶民の信仰も集めた高僧であった。…

※「祐天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

祐天の関連キーワードマストリリ高齢者はわが国の含み資産大矢野原演習場島原の乱月桂冠駒ヶ岳ジョンソン津田助広天工開物本多正純

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祐天の関連情報